家庭教師のメリット

自宅で行う勉強方法として、家庭教師があります。 学校で授業を受けているにも関わらず、家でも教師をつけて勉強するということですが、どこが学校の授業と違うのでしょう。 根本的に違うところは、マンツーマンという個別指導となるところです。学校の授業ではそういった機会はありません。 マンツーマンのメリットとしてはまず、学校の授業よりも密度の高い指導が得られます。

その生徒一人に教えるわけですから、時間的にもロスがありません。次に、分からないところはすぐに質問できるというところでしょう。 学校の授業であれば、質問が授業の妨げとなる場合もあり、質問するにはなかなかの勇気が必要となります。 そういう点で、教師を独り占めできるところも大きなメリットと言えます。他にも、問題が解けた際に褒められるという点も家庭教師ならではのものです。 自分だけが褒められるということで、これが成功体験として生徒に残っていくのです。

憂鬱な学校の授業と比べ、家庭教師の教わることの楽しさを実感できるでしょう。 家庭教師と生徒の個別指導は、時間を積み重ねていくうちに互いの信頼関係が生まれてきます。 そしてその生徒に合った指導法が行われることになり、生徒の今後についても二人で確認し、それを生かせるわけです。 ここが学校の授業にはないところなのです。